氷河・氷床 一覧

集会

ヒマラヤ・GLOFに関する研究集会.今日から3連チャン.

早朝になんとかプレゼン資料を完成させて臨む.


郷里への返事ーゲテモノ論考にかえて

さるところにしかけられた誤解の罠にすっかりはまってしまった私。

地元郷里で小学校教員をしている愚弟から、普段はほとんど連絡しないのに、早速以下のメールが来た。極地研の懇親会からホテルに戻る道すがら、彼が教える児童にもわかるように、ほろ酔い加減で返事を書いた。一風呂あびてさるところをみたら、返事したのと同じ見解が示されていて一安心。

兄へ
立山の氷河の発見(確認?)ですが、ちょうど1週間ほど前に福井先生の講演を聞いていたのでなるほどそういうことかとなんとなくわかったつもりでいたのですが、ブログにあったゲテモノって、どういうこと?

ゲテモノの意味ですが、立山は、同じ緯度のおなじ標高という条件で比べた場合、本来氷河が存在できない場所にあります。それがゲテモノの意味です。

たとえば、生態学的にペンギンが棲息できないようなところでペンギンが発見されたとしたら、それは、その発見されたペンギンが特殊な適応力を持っている、と考えるか、あるいは、これまで考えられてきた常識を超える何かさえ満たせばペンギンはどこでも生きていける、と考えるか、さもなければ、その場所にペンギンが生きていける何か特殊な条件が整っているのではないか、と考えるかです。

地理学的にみると、ヒマラヤから東に向かって氷河の分布線を伸ばしてくると、日本にかかる手前で線が途切れて、カムチャッカまで飛びます。途切れること自体は気候学的に考えても自然なことで、だからこそ日本に氷河がないことになっていてもだれもが文句を言う人はいませんでした。

ところが、今回の認定によって、世界地図の中の一本の線として立山の周辺に氷河の分布線が引かれることになりました。そうすると、非常にいびつで奇抜な場所に線があることになってしまうのです。でも、福井君が調べて明らかにしたように、氷河学的にはちゃんと氷河の条件を備えていて、ごく普通の氷体なんです。ペンギンでいえば、南極にいるペンギンをそのまま富山に連れてきて生かしておくことができる場所が見つかった、というのとおなじ状況なのです。

そうすると、立山には、他の地域にはない何か特殊な条件があるのではないか、と考えざるを得ません。その条件を明らかにしておかないと、今後もしどこかでペンギンが見つかったとしても、それイコール南極、という方程式を適用できなくなってしまうのです。例外【的】であることは、はたして本当に例外なのか、それとも普遍的にも適用できる秘められた条件があるのか、その見極めが必要になってくる、ということなのです。

特に氷河期の氷河を復元しようとする研究では、氷河学の常識に従ってその復元の妥当性を検討しますが、現場の証拠と理論の示すところとがどうしても合わなくなることもでてきます。その時に、理論が間違っているとするか、現場の証拠の解釈が間違っているとするか、あるいは、例外的な特殊なものにたまたまぶちあたった、とするか、判断しなければなりません。

一つの発見は新たな問題提起の始まりだという典型的な例だともいえるでしょう。


ちゃんとした回答

さるところで、「本州で野生のヒグマ発見、程度のこと」と書かれてしまいまいましたね。取材した記者さん、尋ねる相手をまちがえてますよ。

見つけた本人たちがその意義をちゃんと解説するのがいいんだろうけど、彼らの説明もあまり上手じゃない。少なくとも私はすごく意義のあることだと思っているし、その回答も用意できるのだけれど…

最低限確認しておかなきゃいけないことは、その氷はだれもが見ることができるところにずーっと昔から存在していたわけで、即物的な【新発見】ではない、ということ。それが氷河であるかどうかの【発見】は、正確には【確認】あるいは【検証】されたという意味に置き換えて語られるべき、なのだと思う。

実はその先に、これが【ゲテモノ】かもしれない、という可能性を秘めている点が重要で、それ故に氷河の理想像や一般化をめざしている向きには【おぉ、すごい】にしかならないのだろうとも思う。

理想像や一般化だけではこの世界は説明しきれない。ゲテモノからのアプローチも必要なのである。そこが私が用意できる回答のミソ。地理学の真髄と言ってもよいかもしれない。

極地研出張中にiPadで投稿してみた。この程度の文章でもなんとなくストレスがたまるかな…いうことで、ゲテモノ論考についてはまた今度。

自らの果たすべき貢献を考えることは、知識の段階から行動の段階への起点となる。問題は、何に貢献したいかと思うことではない。何に貢献せよと言われたかでもない。何に貢献すべきかである。
ドラッガー


研修2日目

image調査チーム研修の2日目.積雪観測,行動技術,ロープワークなどを訓練.

研修とはいえ,スキーは楽しむべき.そのためには道具だてが重要ということを痛感.下手に自前のものを使うよりは,持っていないことにしてレンタルしたほうがよかった.

最新のものを揃えるにしても,悲しいかな,先立つものがない.お古でもいいから,20年モノの板と靴よりもマシなものを譲ってくれる奇特な方はいないかなぁ...


研修

image調査チームの合同研修会のためニセコへ.これだけの実力者たちが集まっている光景はなかなか壮観.私はここに来るのはじつに12年ぶり.他のメンバーも久しぶりという人が多く,意外にこのエリアはチームにとってはアウェーだったりする.ニセコルールの概要や最近の外国人事情などを教えてもらって,成果は上々.

うちの新入生の中に,このへんで修論をやりそうなのがいるので,そちらの情報収集という意味でもアンテナを張り巡らせる.


いまさら『「ヤンガードリアス」

今日から新年度.

imageロイターの記事,いまさら『「ヤンガードリアス」と呼ばれる亜氷期が、大規模な洪水によって引き起こされた可能性があることが分かった』ってのはどうか,と思うけど,この記事が紹介しているのは下記の論文.

Murton, JB et al., Identification of Younger Dryas outburst flood path from Lake Agassiz to the Arctic Ocean. Nature 464, 740-743 (2010)

Broecker先生のコンベアベルト仮説のもとにもなっている『アガシー氷河湖からの放出がヤンガードライアスの引き金』というコンセプトは,随分前から言い古されてきた.でも『それがまだ思考実験的な仮説にすぎず,テレストリアルな現場からの物証がこれまであがってはいなかった』という本論文の主張は意外だった.それと,北極海への流出ルートの特定がこの論文のもう一つのミソらしいのだけれど,実は,モデル的には北極海への流出の可能性が下記の論文ですでに指摘はされていたんだよね.拙書「なぞの宝庫 南極大陸」でも,それを見越して,北極海への流出についてちょっとだけ言及しておいたんだけど(196ページ末),それに気づいた読者はどれくらいいるだろう?

Tarasov, L. & Peltier, W. R. Arctic freshwater forcing of the Younger Dryas coldreversal. Nature 435, 662–665 (2005).

左図の上は,Murton, JB et al. (2010)の図で,下はTarasov & Peltier (2005)の図


メール断ち

これのアブストラクト締め切りに間に合わせるため,メール断ちして書き書き.


すりかえ

Earth Policy Instituteというサイトのこの記事に付いているデータで《Mean Cumulative Specific Mass Balance of Mountain Glaciers Worldwide, 1980-2007 (XLS)》というのがある.じつはこのデータの出典はチューリッヒ大のWGMSにあるここのデータで,オリジナルのほうは《Mean cumulative specific mass balance of all reported glaciers (black line) and the reference glaciers (red line).》というタイトルになっている.

実はこの二つのタイトルには決定的な違いがある.それは「mean」が「Mountain Glaciers Worldwide」にかかるか「all reported glaciers and the reference glaciers」にかかるかという点.

「平均」にはその母数となった数が存在するのが普通で,「Worldwide」なるいかがわしいものに正当な母数が想定されているなどとは普通は期待してはいけない.WGMSは正確に「all reported glaciers and the reference glaciers」と平均の母数を示していて,このことからも分かる通り,実情は,30の基準観測氷河とそのほかに報告のあったいくつかの氷河の平均なのであって,決して世界中の氷河を網羅した上での平均ではないのである.

そのわずか30そこそこの氷河のマスバランスなのに,いかにも世界全体の氷河を調べ尽くしたかのようにデータを見せてしまうのは忌避すべき行為だと私は思う.Earth Policy Instituteが元データを転載・引用する際に犯している決定的な誤りは,「all reported glaciers and the reference glaciers」を「Mountain Glaciers Worldwide」にすり替えていることなのである.

ということで,ここ数日,spacific mass balance について勉強した.ご協力いただいた方々に感謝.


キワモノGLACE

修論発表会一日目.

RSSフィードに引っかかった新聞記事で重力衛星でヒマラヤの氷河の融解量を出している論文が出たことを知った.ついにやられたか,という感じがしないでもないが,恥ずかしながら同じ北大の理学部でこんなことやってる人がいるとは知らなかった.

双子衛星GLACEを使った観測では南極氷床の融解量も見積もられているのだけれど,今日あった修論発表でも,その結果を引用して結論を補強しているのがあった.某I教授が「あの結果はけっこうキワモノだけど,そんなのに依拠しちゃって大丈夫?」とコメントして会場から笑いが漏れていた.返答に困っている発表者に対してI教授は「まっ10年待ちますか...」と言っていたけど,たぶんそうなんだろうと私も思う.ヒマラヤのほうの論文は明日の内職.

Bandana in Hongu Valley, Nepal」だそうで.


調査

チーム業務でルスツ村に出動.積雪調査は不得手でほとんど傍観者.新規導入したGPSや簡易気象測器のテストランに終始してしまった感がある.

地質露頭前での記載とふかふかの雪の中の観測は,似て非なるものであることを痛感.冬季観測のスタイルを自分なりに確立しなきゃならんね...

iPhoneが通じるかもしれない場所だったので,「twitterタダ漏れ現場実況中継」(といっても関係者のみの非公開)を試してみようと思って出発.現場は時折バリ3になるけれど圏外になることもあったりして不安定なため,投稿頻度はそれほど高くはできなかった(調査もあるし).降雪の中で寒さに手をかじかませながらつぶやくよりは,音声通話で留守本部に定時連絡して,暖かい本部から書き込んでもらうほうが楽だという結論.


1 2 3 4 5 6 7 13