サイエンスカフェ

CoSTEP主催のサイエンスカフェ札幌でトーク.思いの外お客さんが多く,休憩時間や終了後に話しかけてくれる人もいて,関心の深さが伺われる.

7月末に依頼を受けてから,これまで何度も打ち合わせを重ねる中で,自分なりにも一般向けに話をすることの意味やスキルなどについて考えさせられることが多く,勉強になった.CoSTEPの実習の一環なので,基本的にはサイエンスコミュニケーターをめざす受講生が企画・運営に携わっているのだけれど,研究者側の意図をくみ取り,企画を運営し,さらには研究者側にさえもいろいろと示唆を与えてくれるという面があることは,受講生だけではなくて,その企画に巻き込まれる研究者にとってもトレーニングの機会を与えてくれるのではないかと思う.

これまで,名前だけは良く知れているけれども,教育の中身がよく見えていなかったCoSTEPの活動の一端を知ることもできて,引き受けて良かったと思うし,このコースを修了した受講生たちの今後の活動にCoSTEPの評価がかかっているのではないかとも思った.

カフェの会場は紀伊国屋の玄関にあるホール.せっかく本屋の前でやるのだし,トークだけでは伝えきれなかったことに関して,関心を持っていただいた方々に,関連する一般書の紹介もしたかったのだけれど,当日はすっかり失念していた.とりあえず,ここに掲載しておく.

  • 「氷に刻まれた地球11万年の記憶—温暖化は氷河期を招く 」(Alley, R.B. 原著, 山崎 淳 翻訳, ソニーマガジンズ)
  • 「氷河期の「発見」—地球の歴史を解明した詩人・教師・政治家」(Bolles, E. B. 原著, 中村 正明 翻訳, 扶桑社)
  • 「温暖化の“発見”とは何か」 (Spencer R. W. 原著、増田 耕一・ 熊井 ひろ美翻訳, みすず書房)
  • 「南極大図鑑」(国立極地研究所, 小学館)
  • 「地球史が語る近未来の環境」(日本第四紀学会, 東京大学出版会)